待望の子供が生まれたけど30代、実際に育児と家事と仕事の全部はあまりに大変だというあなたへ

子供は欲しいけどなかなかできなくてとか、双方仕事が忙しくて作っている暇がなくてとか、ちょっと遅れてできた子供というのはこれは待った分も含めて嬉しいものです。

とはいえ、ちょっと遅れた出産育児、しかも30代だと仕事も油の乗った時期、これ全部どうやって乗り切ればとパニックになるお父さんお母さんも、多いでしょう。

30代の出産育児ってある意味本当に大変だけど楽しみも

30代というのは人生の前半で、最も油の乗った時期です。
仕事もだんだんと責任のあるものが任されてやりがいも出て、また頑張れるだけの体力もあります。

でもふと気がついたら、これ以上後になるお産はちょっときついかも、と妊活に励む夫婦も多い年代です。

そしてまた、この活動的な時期だからこその悩みも、尽きないものですね。

30代の出産ってやっぱり遅い

産婦人科に診療で行った時、みんな若いなあとちょっとため息をついてしまう人もいるでしょう。
30代ってやっぱり、ちょっと出産には遅かったかなと、思ってしまうかもしれません。

でも決して今の世の中、30代の出産は遅いとは言えません。
というより、右も左も分からない若い時期の出産より、仕事もして知識も豊富な30代の出産はラッキーだと思ってください。

体力が心配という向きもあるでしょうが、実は30代はそのあたりも充実している年代なのです。

産休育休も心配

仕事は勿論産休は取れるけど、育休がしっかりと取れるか心配というのも、30代の女性には悩みの種ですね。
なまじ責任のある仕事を任されていれば、もっと気になるところです。

しっかりと産休をくれる会社の場合、育休にも理解があるはずです。
そこは会社側と綿密に相談してください。
育休からの復帰の後、元の仕事に戻れるのかの保証はしっかりと確認しておきたいですね。

またもし自宅での仕事が可能ならば、育休中でもある程度の仕事ができます。
復帰した時に浦島太郎にならずに済みますので、そこも確認しておきましょう。

育児については父親は戦力外と

イクメンという言葉が多く聞かれるようになりましたが、それでも男性の場合の家事育児に関する認識は、かなり甘いものがあります。

なので一応、父親は戦力外と思っておくのがコツです。
なまじ期待すると期待ハズレで、ストレスを溜めることにもなりかねません。

戦力外にしておいて手伝いを頼む程度、手伝いが上手く行ったら大いに褒める、などするとそこそこ役に立ってくれます。

稀に、本当に家事育児の大変さを理解してくれる男性もいますが、女性側の認識と差があることは事実なので、そこは計算に入れておいてください。

30代というのはまだ若く体力もあるので、出産育児には充分に対応ができます。

ただ20代に比べて、そこまで夫婦ともども自分という個をメインに考えてきた年数が、多いわけです。

その分新しい生命や、それをケアするという新しい経験に馴染むまでに、少々時間がかかってしまうということもあります。

焦らず慌てず、それも楽しむつもりで育児に励んでください。
特にこれまで仕事メインだった女性の場合、今まで未経験の自宅での家事育児です。

大変なのは勿論ですが、新しい経験だと思って没頭してみませんか。